HOME

一度しか通らない道

こんにちは!!小徳です!!

この前、学生さんに一般内科医と総合診療医の違いはあるんですか?

って聞かれました。

これは、完全に小徳の理解、勝手な解釈ですけど

内科の先生は自分が医学知識や専門技術を高めていくことで、社会に還元していくアプローチの仕方で

総合診療医、家庭医の先生はその地域のニーズや、その地域に足りないところを見つけ出して、その地域の問題を医学知識だけじゃなく色んな方法で解決していくアプローチの仕方をする、と小徳は思っています。

どっちが良い悪いとかではなくて、どっちも大切なこと。

ちょっと多動気味の小徳にはひとつの専門を極めるより総合診療医として色んなアプローチの仕方で社会に還元できたらなと思っています!

そんなこんなで、離島医療に必要なのは資格より愛だー!!問題点を探し出す洞察力だー!人と人とを繋ぐ人間力だー!!

と、叫んでいましたが。

この前ゲネプロから僻地医療総合診療医の認定書が届きました!!

やっぱり、額縁に入った物を貰うと嬉しいー!!

前言撤回です!資格は嬉しいです!

資格との楽しい日々

そして、さらには小徳は産婦人科の専門も取ろうとしている始末です!

どうも、離島、僻地医療認定医の小徳です!

いえーい!!

これで、どんな僻地でも働けるー!!(ことを認めてるわけではない)

少子化の今、若者は色んな地域で活躍するチャンスですよ。

I shall pass this way but once ; any good, therefore, that I can do or any kindness that I can show to any human being, let me do it now.Let me not defer nor neglect it, for I shall not pass this way again.

Stephen Grellet

この道は一度しか通らない道。だから、役に立つこと、人のためになることは今すぐやろう――先へ延ばしたり忘れたりしないように。この道は二度と通らない道だから。

若者よ多動であれ。

マッチングアメリ

みなさんは良い出会いしていますか?

周りに良い人がいない、そう思ってませんか?

職場の男性は既婚者か高齢者

合コンに行っても良い人いないし、街コンに行っても、しょうもない男しかいない、、

そう思っていませんか?

そんなあなたに紹介したいのが、このマッチングアプリ

このアプリの中に登録されているのは、本気で結婚したいと思っている男女だけ

Aさん『趣味とかも一緒だし、写真をみてこの人だとそう思いました。』

Bさん『実際に会ってみて、写真より素敵な人で2回目のデートで結婚を前提にお付き合いさせていただくことになりました。』

この世の中には恋をしたくても、周りに良い出会いがないと嘆いている人がいる

合コンや街コンに本当に素敵は人は来るのでしょうか。

本気で付き合いたい、結婚したいと思っている男は来るのでしょうか。

それとは対象に、結婚とかは考えてないけど、暇な日曜日だけ一緒に過ごしてくれる人を探している。

そんなあなたにはこちらのアプリ、趣味が合う友達と遊びに行く感覚でデートができます。

そう、今男女関係が多様化しているんです。

出会いも多様化しているけど、圧倒的に需要と供給のアンバランスが恋愛ヒエラルキーを助長していて、モテる人が一生モテ続けて、行列が出来ているのに、モテない人の席ががら空き状態。

このアンバランスをどうやったら解決できるのだろうか。

「この商売を30年もやると分かるのよ。ひとめぼれにもレシピがあるの。材料は顔見知りの二人。お互いの好意をからめて、よく混ぜる。これで一丁あがり」
マダム・シュザン

映画アメリから

こんな感じで、シュザンヌが好意をねっとり絡めてくれたら万事オーライだけど、シュザンヌも忙しいから、いつも人の恋愛にお節介をしている暇はないのよね。

そんで、上で紹介した様なマッチングアプリを使えば、デート相手も結婚相手も携帯ひとつで見つかる時代なんですよ。

小徳は何が言いたいかと言うとですね、離島医療したい若者、結構いると思うんですよ。

対して、日本の有人離島416個(平成27年国勢調査によると)しかないんですよ。

そんで、アピールが上手な島とか、もともと研修医や地域枠の先生が行く島はいっつも若い先生や看護師さんが来て活気付いているけど、その周りの島は閑古鳥が鳴いている。

これは、恋愛ヒエラルキーと同じなんです。

モテるやつは一生モテる。

でも、離島医療専門のマッチングアプリがあったら一生モノの出会いがあるかもしれないんですよ。

シャイな島とシャイな離島医療ボーイ(ガール)が出会うかもしれないんです。

もしくは、週末だけ離島医療とかも可能なんです。

日本の416個の島を可愛く擬人化したマッチングアプリを作りたくてプログラミング勉強しようとしたけど、難しくて断念しました。(誰か作ってください、、)

小徳の好きなことはアメリと一緒で、クレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すこと、周りの人たちの人生を今よりちょっとだけ幸せにする小さな悪戯をしかけること。

みんな幸せになれーーー!

そんなこんなで、小徳は8月から帰って来て、ニートを卒業しました!!

鹿児島大学産婦人科で産婦人科専門医を取るべく働き始めました!!ニートにはつらいです!!

でも、「離島×産科総合診療医=?」の答えが出せるように頑張ります!!

残暑が厳しいので、皆さんも体に気をつけて!!

君の骨はガラスでできているわけじゃない。君は人生にぶつかっても大丈夫だ。もしこのチャンスを逃してしまったら、時とともに、君の心は僕のがりがりの骨と同じように、乾燥して壊れやすいものになってしまうよ。

映画アメリ ガラス男

幸せな国

どうも、小徳です。

野生のネギを食べてます

小徳は立派な人より、幸せな人になりたいです。

でも、まだまだ若僧なので幸せが何なのかは、はっきり分かりません。

ある国の人たちに、『幸せですか?』と聞いて『幸せです』と答える人が多い国には、何があるのか、皆さん気になりませんか?

ということで、常に幸せな国ランキングで上位を占める北欧のノルウェーに行ってきました。

みてください、トナカイが歩いてますよー!


川の水も飲めちゃいます!!

おや?このサンダルを履いている足はどなたでしょうか?

何だか見たことある草履がありますね。

この草履はもしかして、、

ノルウェーのDr.コトーことGry先生でした!!

大きな釣り針が刺さった時のペンチ

ババーン!!

Gry先生とは小徳が研修医でDr.コトーの島で研修している時に偶然お会いすることができたのです。


オーロラの下で、船に乗って隣の島まで往診に行っている、そんなGry先生の離島医療を見てみたくてノルウェーまで来てしまいました。

短い滞在でしたが、Gry先生は病院だけじゃなく、ノルウェーの圧巻の大自然に小徳を連れ出してくれました。

伝統的なノルウェー料理。釣った魚を海水と玉ねぎとニンニクで煮込む。海水がとても綺麗。

そんな中で、Gry先生とお話ししていて、ノルウェーの医療は自然と近いところにあるなと思いました。

先生はうつになりそうな患者さんがいたら「山に登りなさい」といい。

腰の痛い患者さんにはころころとした石の転がる浜辺を歩くことをすすめる。

僕らはあまりにも薬や医療に頼りすぎているなと気づかされました。

薬や医療はあくまで対症療法であって、根本的な解決にはなっていないことが多いのも僕らは気づいている。

だけど、ただの医師である自分に何かできることはあるのだろうかと思う時がある。

その病気の上流には何があるのだろう。


幸せな国ランキングは、国の優劣を測るランキングではありません。

沢山の国が、どうしたら自分の国が幸せになるのかを考えるための道具です。

僕らが『この国に生まれて来て幸せだ』とそう思える国にするには、僕らに何ができるだろう。

最高にエモくて鼻血が出そうになる。『北欧暮らしの道具店』のオリジナルムービーです。お時間ある方は是非。