HOME

「お風呂場にハブがいて噛まれました」〜離島医療あるある

「お風呂場にハブがいて噛まれました」

あ〜、離島医療あるある。

いや、ナイナイ!

お風呂場にハブは滅多にいない!こわい!

あけましておめでとうございます!!

先日の救急外来当直ではお風呂場でハブに噛まれた男性が救急車で来られました。

「お風呂場にハブ!?こわー!!」

と奄美に来た実感がやっとこさ湧きました。

ハブに噛まれた場合はハブの抗毒素を打つ場合と打たない場合がありますが、これは救急の先生と外科の先生で意見が少し違います。

救急の先生としては、20%の人が抗毒素を打つことによってアナフィラキシーショックが起きることがあるから慎重に打つ人と打たない人を見極めるとのことですが、

外科の先生はハブに噛まれて腐った足をいつも切断しているためアレルギーとか言ってられない、と躊躇せず抗毒素を打ちます。

しかし抗毒素よりも大事なのは、噛まれた部位をすぐに切開し、洗浄することです。

画像1

ハブの毒素は筋肉などの細胞を破壊して行くため、噛まれた場所からどんどん壊死していきます。そして、ハブの口の中の嫌気性の細菌がその壊死してドロドロになった細胞を栄養にして繁殖するとガスが発生し足がパンパンに膨れ上がります。

切開して空気を入れることによって、嫌気性の菌の繁殖を防ぎます。そして、壊死した細胞を洗い流すことで、菌の繁殖を防ぎます。

画像2

足を切断するかしないかは時間との勝負になります。

この方は、切開した先の筋肉は壊死所見(筋肉が黒ずんでいる)はなかったので足を切断せずに済みました。

ハブ咬傷恐ろしいです!

Habu a nice day!!

世界一幸せな洗濯でした

奄美大島に引っ越してきました!!

実は小徳は引越しの際、悪徳引っ越し業者に間違って頼んでしまい、荷物が届かないというトラブルに巻き込まれました。

病院やホテルに泊まりながら、なかなか落ち着かない生活が続きました。

やっと荷物が届き、少しずつ普段の生活に戻ってきました。

臨月なのに飛行機に乗ってついてきてくれた妻にこんなに大変な思いをさせてしまい本当に申し訳なかったです。

慣れない病院の当直用のベッドで寝て、赤ちゃんのために買った洋服や思い出の品も引っ越し業者に持ってかれてしまい、今産まれたらどうしようと不安な日々が続いたと思います。

やっと荷物が届きましたが、平日は自分も慣れない職場での仕事で帰りも遅く、妻は重たい身体で1人で部屋の片付けをすることはとても辛かったと思います。

今までは妻のご両親が近くに住んでいたので、色々と頼ることが多かったですが、これからは自分がもっと妻を助けなければいけないと改めて思いました。

先日、やっと新居に移ってきました。

ずーっとやろうと思ってたけど出来なかった「水通し」をすることが出来ました。

画像1

やっと平和な日常が戻ってきたなと実感しました。

ドタバタしてるうちに、もう38週です。

なんとか君が出てくる前にお父さんとお母さんは準備を整えたよ。

もういつでも大丈夫です。

絶対幸せにするからね。 パパより

あなたの診断は

救急車で「腹痛」で運ばれてきた男性は、案外ケロっとしていて、トイレにも自分で歩いていける。

診察してみると、腹痛としてはそこまで強くなく、どこが痛いのかははっきりしない。

以前のカルテを見ると、「万引き」、「弁護士に訴えるぞと声を荒げる」、「生活保護」などあまり良い言葉が並んでいなかった。

救急車で運んできてくださった救急隊の方も、スタッフも、研修医も、少し冷ややかな対応になっていった。

検査の結果から腹痛の原因は恐らく、便秘によるものが第一に考えられた。

しかし、ここで彼に「診断」をつけて家に帰すことは、総合診療医としては何か違うと感じた。

研修医から、「はやく帰しましょう。」という強い重圧はあったが、「診断をつける」から彼の「歴史を紡ぐ」作業に変更した。

誰と住んでいるのか、どうして一人で住んでいるのか、いつ奥さんと別れたのか、どうして奥さんと別れたのか、奥さんはどうして早くに亡くなってしまったのか。

以前はどんなお仕事をしていたのか、どうしてお仕事を続けれなくなったのか、今でもそのお仕事はやりたいか。

彼の歴史がカルテの中で紡がれていくと、なぜ軽い腹痛で救急車を使ってしまったのかが少しずつ見えてきた。

雨が降る、真っ暗な部屋で、「貧しさ」と「孤独」に震える中、急にお腹が痛くなる。

タクシーを呼びたくてもお金がない、、

不思議なことに歴史を紡いでいくと、僕が彼に診断をつける前に「先生、俺の腹痛は便秘のせいかもしれん」、「家で一人でいるのが不安だったんだ」とご自身で診断をされた。

「痛み止めを貰って帰るよ」ご自身で方針と治療法を告げられた。

「また、たこ焼きを焼こうかな。昼間はやっぱり働きたいな。」ご自身で予防法まで教えてくださった。

「患者が答えを持っている」

また、一つ学ばせてもらった一例でした。

「万引き常習犯の生活保護」という、彼の不名誉なカルテは今日上書きされた。

僕はもう彼に会わないかもしれないけれど、次の誰かが彼に会った時に一人の”孤独”という大病を患った人として”愛”を持って接してくれれば幸いです。

“Listen to the patient. He is telling you the diagnosis”-William Osler