HOME

鹿児島マラソン

こんにちは!鹿児島市医師会病院研修医の小徳です!

3月5日は鹿児島マラソンでした!

小徳はドクターランナーとして参加させていただきました!!

ドクターランナーは参加者がマラソン中に心停止になった時に心臓マッサージをしたりなどの初期対応を任されています

実は小徳、フルマラソンは一昨年のホノルルマラソンしか走ったことないというブルジョワなので完全にフルマラソンをなめてました

しかも3月だってのに朝からポツポツ降り始め、めちゃ寒かったです

でも街頭の人たちが雨の中にも関わらず、応援してくれて心はポカポカになりました

21キロまでは元気で、大雨になりだしてビショビショになってもわりと楽しく走れてました

安納芋とかさつま揚げとか豚の味噌焼きとか、鹿児島の地のものの給食を食べながら楽しく走ってたんですが

26キロくらいから足がつりはじめて

死んだ顔で走ってたら街頭の人たちに「ほれ、救護の先生がんばれ!」など声かけていただき


マッサージの人おかげでまた頑張ろうと走り出したところ

道の脇で動けなくなってる人と係りの人がいました

これは救護の出番だ!と駆け寄り話をきくと、どうやらこの雨で低体温症になっている様子でした

低体温症はただ体温が下がるだけではなく、重症だと致死性の不整脈が出たりと、恐ろしい病気です

救急車は呼んだけれどもランナーが沢山走ってるため中々救急車が来れず、近くの人に傘をかりて、係りの人と2人でおじさんの背中をサスサスするしかできませんでした

救急車が来た頃には僕の体も冷え切り、走ってる間忘れてた身体中の関節と筋肉が悲鳴をあげ、体が震え出して

心の中で救急車の人に「僕も乗せて、、」と言おうとした瞬間扉は閉められ

震えながらひたすら温泉とラーメンのことを考えながら1番近くの救護所に逃げ込みました

救護所は同じく低体温症の人ばかりで地獄絵図でした

僕はそっとゼッケンの「救護」の文字を隠しながら1人の低体温症患者として助けていただきました

救護のみなさんありがとうございました!

リタイア者収容車に回収されて無事帰り着きました

願いは叶い、いつもの中村温泉に入り、イオンで我流風ラーメンを食べてたっぷり寝ました!

朝一の高速船に乗って今甑島にかえってきました!

身体中が痛いけど今週も頑張りましょー/(^o^)\

立志式

今日は甑島の海星中学校で立志式があり、瀬戸上先生が中学生に向けて「夢」について話すらしい

外来の患者さんも少なめだったので、先生について見に行くことにしました!

立志式とは

昔の元服の祝いが由来とされています。
14歳の年に、大人になるために、自分の将来の目標や夢を明確にする目的があり、その誓いを立てる日。

そんなときに自分の夢そのものであるDr.コトーの話を聞けるなんて、とても素敵だ!!

先生は「中学生は万能細胞」というテーマで、みんなには無限大な未来の可能性があることを話してくれました

中学生は14人くらいでしたかな?みんな真面目に瀬戸上先生の話を聞いていて、笑いあり、とても和やかな空気でした。

そして、なんと最後に瀬戸上先生から

「ここにもひとりDr.コトーに夢をもらった若者が一人。何か話してあげなさい」


と紹介されました、、!

身に余る光栄!そして自分の言葉でさらにこの万能細胞達の可能性がさらに広がると思うと興奮しました

まさしく自分は夢の中で今、生きていることを、その素晴らしさを、伝えなければと思い

自分の好きな言葉の「夢は手帳に書けば目標になる」の話をしました。

僕は手帳の真ん中に「Dr.コトーになる」って書いて、そこから沢山→を引いて、そのためには何をすればいいのか?何歳までに?専門は?とかを書いて


さらに、その答えに対して→を引いて、そのためには今何をすればいいのか?どこで研修をすればいいのか?とかを書いて、、って今の自分にまで→を引き続ける

そしたら自然と今の自分は何をすればいいかが見えてくるはず

せっかく現代社会はインターネットが発達しているんだからgoogleさんとかに「○○(夢) 成り方」って入れれば沢山の先人の知恵が出てくるはず

あと手帳に書くと忙しい毎日で自分の夢を忘れそうになったときに思い出せるからオヌヌメ

的なことを話しました

今日のこの子達の夢がみんな叶えばいいなあ

そんで自分もいつか瀬戸上先生みたいに子供達に夢を与えられる大人になりたいなあ

Dr.コトーに会いに「甑島観光編」

こんにちは!鹿児島市医師会病院研修医の小徳羅漢です。

僕は現在鹿児島県にある甑島(こしきしま)にきております!

甑島はDr.コトーのモデルになった島で、現在もモデルの瀬戸上先生が働いています!

先生は今年度で引退されるということだったのでこの3月が先生に会える最後のチャンス!急遽一ヶ月間の研修を申し込んだところ、快く受け入れてくださいました。

本当にありがたい!!生のDr.コトーに会える!!


ということで、ちょっと早いですが研修が始まる前に土日を使って甑島観光にきました!

市内からオレンジ鉄道にゆられ1時間弱

フェリーで2時間(高速船なら1時間弱)すると

甑島の里港に着きました!

海の透明度が高く、6-7m先まで透き通っていました。

そして海岸沿いには石マニアにはたまらないまん丸な石が沢山落ちていました!

これはおそらく石器時代のスマートフォン

「マンモスモス?(もしもし)」

この時はまだ、この後自分の本物のスマフォが壊れることは知らず、、

夜には満点の星空と、丸い石同士が波でぶつかる柔らかい「コロコロ」とした音が鳴り響くそうです

お昼は「かのこ寿司」でお寿司を食べました!

なんと甑島でとれたばかりの生のマグロを食べれる希有な場所!
普通食卓に届くマグロは一回冷凍されていますが、生のマグロは本当に美味しかった!!

移動手段はこの電気自動車が便利!楽しいし!2時間1000円!

夜は居酒屋「漁り火」


焼きキビナゴ、豚しゃぶ、お刺身、つきあげ、エビ天、、めっちゃ美味しいし、量が本当に大満足でした!!

そして今回泊まったのはここ!

ネットやSNSで有名なあの「俺」さんが世界一贅沢な朝食が食べれる所とおっしゃってた「Island hotel 藤や」に泊まりました。

俺さんの記事はこちら

残念なことに日曜日の朝は豆腐工場見学がやっていなかったので絞り立ての豆乳や豆腐の試食は出来なかったのですが

おかみさんは物腰の柔らかい素敵な方でした

朝ご飯は本当に地のものを贅沢に使っていて、美味しく、そして美しく盛りつけられていて、朝からお腹いっぱいになりました

お腹がいっぱいなのでチェックアウトの10時までダラダラしてしまいましたが、そんなにセコセコ観光しなくていいのです

美しい自然とゆったりとした時間が流れている、それが甑島なのだから

そして山下商店という豆腐工場見学ができる世界一おしゃれな豆腐やさんでコーヒーを飲んで

コシキテラスで断崖絶壁バーガーを食べました!!
パンが焼きたてでパリっとしててうまかった!!

いかに断崖絶壁かを表現したかったけど、冷めちゃうので諦めました

他にも釣りをしたり、BBQしたかったのですが

フェリーの時間がきてしまいました、、

フェリー乗り場から目の前の甑島館で温泉に入り(500円)身体をぽかぽかにして帰る!最高な一泊二日の旅でした!!

さあ、いよいよ明日からDr.コトーの診療所での研修が始まります!!生のDr.コトーに会える!!楽しみだー!!

次はまじめな研修の話!!