HOME

井戸の柄

あけましておめでとうございます!!

五島列島からオーストラリア、ノルウェーそして鹿児島に戻って来て、産婦人科を始めて、、あっと言う間に2019年が終わってしまいました。

2020年は今まで吸収したことを社会に還元出来たらと思っている所存です!!

さてさて、新年早々皆さん風邪とかインフルエンザにかかってないですか?

体重が増えたり、血圧がいつもより上がってないですか?

職場が変わってから風邪を引きやすくなってないですか?

そういえば、この前友達のA君が下痢していたな。

その前はB君が同じような下痢をしていたな。

1週間前は担任の先生も下痢をしていたな。

え、これって感染症??パンデミック??

大変!!A君を監禁しなくちゃ!!

ちょっと待って!!

ジョン・スノー

A君、B君、先生、他の同じ症状が出た人たちの家をこの地図で埋めてこう。

どうやら、この井戸の周囲の人だけが下痢になっているみたいだな。

ふー、捜査疲れましたね。

ちょっと休憩。

え、イタタタ。

この井戸じゃん!原因!!

ってのをロンドンでコレラが大流行した時に発見したのが医師であるジョン・スノーで、この井戸の柄を取り外した途端に死者は急速に減少し、コレラの大流行は終息を迎えました。

この学問を疫学、そして公衆衛生と言います。

前置きが長くなりましたが、現在小徳は産婦人科医として子宮頸がんの検診をしたり、子宮頸がんの手術を行っています。

毎年『日本』でも約1万人が子宮頸がんのせいで子宮を失い、約3000人が命を失っています。

村中先生の激しくも冷静な偏見との戦い

子宮頸がんはHPVワクチンでほとんどが予防できる病気です。

それでも、HPVワクチンに関するネガティブな報道により日本の接種率は現在1%をきっています。

http://kanagawacc.jp/vaccine-jp/123/

また、産婦人科への敷居の高さなどから検診の受診率も依然低いままです。

僕たち医師、産婦人科医は病院で、子宮頸がんと診断された人達をただ待って、手術するだけで良いのでしょうか?

スノー先生が井戸のポンプの柄を取ったようなことがどうすればできるでしょうか?

川の流れにたとえると、川に溺れている人を助けるために医師が自分を鍛える(3次予防)のも大事ですけど、そもそも、その溺れている人は泳ぎ方を知っていたのか?どうして川に溺れてしまったのか?(2次予防)上流で柵や橋をかけれなかったのか(1次予防)?

もしくは、川の近くで「危ないよ」と声をかけ合う人と人のつながりの豊かな街づくりをする(0次予防)のが大事なんでしょうか。

今年は少しずつ病院の外での活動もできますように。

大きな河

すっかり寒くなってきましたね。今年もあと少しで終わりです!!早い!!

ちなみに、11月11日小徳は誕生日でした!!28歳!!めでたい!!

これからもよろしくお願いします。

小徳は産科総合診療医を目指して、現在は鹿児島大学病院で産婦人科の研修をしています。

医局という、白い巨塔の底辺で相変わらずヒーヒー言いながら、なんとか頑張っています。

先日、医局の同門会というOB会みたいな会がありまして、偉い先生達が集まる場所で発表を行いました。

毎年、新入局員は何かしら発表しなければいけないので小徳は『世界のDr.コトーに会いに』というGoing My Wayな題名でオーストラリアやノルウェーでの離島医療について話してきました。

オーストラリアの木曜島のSam先生は隣のパプワニューギニアまで国境を問わず、患者さんを助けていて

ノルウェーのGry先生はオーロラの下で船に乗って隣の島まで往診に行ってたり

日本では僕らのDr.コトーこと瀬戸上先生がアルバカーキで開かれたWONCA(世界家庭医機構)の学会で初回の「Island Medicine Award」(離島医療賞)を受賞されました。すごいことです!!

本当におめでとうございます!!

初めて瀬戸上先生のもとで研修医として離島医療を経験した時に『離島医療は一つの学問だ』とそう感じました。

そして、今、世界中で起きているこの流れを見ていると、世界が変わる瞬間を見ているのではないかと感じました。

ジョン・ホプキンズ大学生物学教授のカール・P・スウォンソン博士がおっしゃった様に

『学問』とは、河の流れのようなものだ。
大きな河もその始まりはちょろちょろと流れる水。
人と人の研究の力を集め、色んな考えの流れを汲み入れ、だんだんと大きくなり、『学問』という河は深みを増し、広くなっていく。

カール・P・スウォンソン博士

僕は改めて『離島医療は一つの学問である』とそう思いました。

この『離島医療』という大きな河に世界中から大小様々な川が流れ込んでいます。

僕もその一つになれたらなと思っています。

今年もたくさんお世話になりました。来年の小徳もよろしくお願いします。

お注射先生

みなさんこんにちは!小徳です!

夏が終わって、なんだか悲しいですね。

小徳は小学5年生まで茨城県の瓜連町という(今は合併されて那珂市になった)小さな町で育ちました。

周りは田んぼと畑に囲まれていて、小徳は夏も冬もザリガニを取って遊んでました。

この町にある小さな診療所の先生は、予防接種のたびに学校に来るので、学校の友達からは『お注射先生』と呼ばれて恐がられていました。

でも、そんな先生は僕の友達が骨折した時はギプスを巻いて、僕が風邪の時は点滴をしてくれました。

近くの老人ホームには自転車で往診に行っていました。

学校の検診の時、聴診が終わった後にみんなの背中を『はい、終わり!』と言って、『バシンッ』と背中を叩く。

僕の時は、他の友達よりずっと強く叩くので、僕の背中は検診の後は大きな手の形に真っ赤になりました。

大きな手の跡は、痛いし、恥ずかしいけど、自分だけ特別な勲章を貰った様で誇らしいような気持ちでした。

小徳は小学5年生の時に神奈川に引っ越したけど、今もその診療所はあります。

お注射先生は、現在認知症になっても幸せに暮らせる町づくりをしています。

お年寄りの方と映画を作ったり、料理をしたり、たまにギターを弾きながら一緒に歌ったり。

そう、この『お注射先生』が僕の父です。

僕が医師を志す理由となった最初の憧れの人です。

そして、小徳は8月に入ってから毎月父の診療所を手伝うことにしました。

鹿児島の金曜日朝一の飛行機に乗って、昼から診療所ベースでの総合診療の外来の修練をしています。

父は総合診療プラス精神科なので、普段大学で婦人科だけ見てる自分にとっては、総合診療を月に1回実践する良い機会で、やっぱりプライマリケアは楽しいです!!

小徳はこの27年間で、沢山お世話になった人や場所が出来ました。

多動気味の小徳はもっと色んな場所を訪れたいと思いつつも、少し自分の容量以上のステキな出会いをし過ぎて、消化不良になってる気がします。

本当は一人一人にお手紙を書いたり、お礼のメッセージを送ったり、実際に会いに行ったり、病院だったら手伝いに行ったりしたいなぁと思いつつ、

リビングには書こうと思って買ったけど、封を破ってない絵葉書が1ヶ月置いてある。

産婦人科の専門を取ったら、残りの人生は離島、僻地医療を研究して、離島医療に関するブログと論文を書きながら、世の中や政府にやんややんや言う、小うるさい人になって、今まで出会った人に「ありがとう」を伝えることに沢山時間を使うのんびりとした生活がしたいよパトラッシュ

だって、大きな山を登っても、一緒にその頂上から素敵な景色を見る仲間が居なかったら寂しいだろスヌーピー?

そのためには、早く論文を書く力が欲しいよドラえもーーん!!

自分にだけ見える問題と解決策があるなら進むだけだ。

Since August, I have visited and helped my father at his clinic in Ibaraki prefecture monthly. 

The working with my first hero is so rewarding!! 

I will spend the rest of my life for appreciating people I have ever met and pursuing my dream.

#Ibaraki #myfirsthero #fatherandson  #ruralgp #japan