HOME

【アート×離島医療×教育】 〜女性が幸せな島は幸せな島〜

先日「対話型鑑賞」というアートを利用した教育方法に出会いました。

画像1
画像2

対話型鑑賞で学んだことを活かせる場所はないかな?って考えている時に、ある案件が転がり込んできました。

僕が産婦人科医として働いている奄美大島には奄美看護福祉専門学校という専門学校があります。奄美大島の子だけじゃなくて沖縄や隣の島からも将来看護師、介護師になりたいという子たちがここで資格をとり、自分の島に帰っていきます。

そこで、「母性」の授業をしてくれませんか。という依頼が来ました。

「ここだ!ここで【アート×離島医療×教育】の実践をして、素敵な看護師さんを育成すれば将来の離島医療に絶対貢献することになるぞ!」とワクワクしながら授業の資料を作りました。

そして、迎えた当日。

僕はアートが生み出す奇跡の瞬間を見る事になりました。

授業前、奄看(奄美看護福祉専門学校の略)出身の看護師さんに「母性」の授業覚えてるかを聞いてみると、大体みんな「覚えてない」「寝てた」という返事が返ってきました。

画像3

まあ、確かにラーニングピラミッドから考えると「授業」する事自体が意味ないよなと。

そこで、今回僕は「対話型鑑賞」「演劇」という二つのアートを軸に授業をする事にしました。

今回「対話型鑑賞」に使ったのがこちらの絵。

画像4
画像5

コトク「みなさんこの絵にはどんなことが書いてありますか?どんな絵ですか?気づいたことはありますか?」

生徒「大事なお腹が取れて涙が流れています」

コトク「お腹が取れて、面白いですね!どこからそう思いましたか?

生徒「その赤いお皿みたいなのと、お腹の穴が一緒の形だから」

生徒「女の人が泣いています」

コトク「女の人という意見が出ましたね!どこからそう思いましたか?

生徒「髪の毛が長くて、顔の形とか洋服とか、、」

などなど

「どこからそう思いましたか?」

「対話型鑑賞」では、自分が感じたことや思ったことを「どこからそう思いましたか?」と尋ねられる事によって実際に絵の中にあるものから「根拠」を探すようになります。

そこで、事実と考察を分けて考えるようになり、理論的思考が身につくようになります。

また僕が「どこからそう思いましたか?」と尋ねるとみんなの視線がまた絵に戻り、発話者が話始めるとみんな耳を傾けて答えを聴くようになりました。

そこで、発話者は表現力を、他の人は人の話を聞く力洞察力が鍛えられます。

対話型鑑賞をする事によってケアに大事な観察力考察力そして表現力が身につきます。

画像6

次はより実践に近い形でケアの力を身につけていきました。

画像7

劇作家の平田オリザさんは「生きることは演じること」と言いました。

僕らは医療者であるが、その前に1人の人間です。

根っからの聖人君子なんていません。

それでも、僕たちはプロとして、患者さんの前では常に医療者としていなければ、完璧な医療者を演じなければなりません

そこで、医療者を演じる、患者役を演じる事により、独りよがりでない、良いケアができるようになると考えられています。

4-5人のグループになっていただき、①新米看護師役 ②患者さん ③付き添い ④観察者の役割を短時間で回して、色んな症例をたっぷり60分間演じてもらいました。

画像8

毎回、役作り30秒、ロールプレイ2分、フィードバック90秒を繰り返しました。

フィードバックが終わった後に、僕は色んなグループにインタビューに行きました。

コトク「評価者の方は誰かな?看護師さんはどうでしたか?」

評価者「患者さんの目をみて、丁寧な話し方で良かったです」

コトク「素晴らしいね!”相手の目を見る”のはケアの基本だね!ケアしているよ、という気持ちを”非言語的に”表現する一つの方法だね!良いですね!」

そうすると、次の回では全部のグループで相手の目を見るようになりました。

画像9

こんな感じで僕はあえて難しい単語が入った症例を準備しました。もちろんあきこさんは架空の人物です。

最初はみんな凍結胚移植、NIPT、、こんな難しい単語を知りません。

それでも役作りの時に必死で調べて、それを何度も説明したり、同級生が説明しているのを聴いているうちに、最後の方は「NIPTは胎児のDNAの異常をお母さんの血液の、、」とスラスラ、患者さん役の方にわかりやすく説明するようになりました。

あっという間に90分が経ちました。

授業の最初に僕は

「良いケアってなんだろう?」

と聞いてみましたが、それを具体的に説明できる子はいませんでした。

しかし、90分後には一人一人の子が「良いケア」とは何かを理解し、実践できるようになっていました。

それが一番実感できたのは、評価者の子にインタビューをした時に、後半になるにしたがって、どんどん素晴らしい言葉が出てきたからです。

「知識がしっかりあり、それをわかりやすく患者さんに説明していました。」

「優しく、丁寧な言葉で患者さんのことを気遣っていました。この看護師さんなら信頼して良いなと思いました」

などなど、アートが医学教育にもたらした奇跡を目の当たりにして、僕自身が感動してしまいました。

僕は女性が幸せなコミュニティは持続可能で、幸せなコミュニティだと思っています。

「母性看護学」を学ぶ意味はなんだろう?

僕の授業でそれをみんなが見つけてくれたら幸いです。

量では測れないヒトの物語を紡ぎ出す方法は? SCAT分析で明らかになった離島医療の魅力とは。

お久しぶりです!

先日は380kmを3時間で往復して耳鳴りが止みません。5月病でしょうか?

患者搬送がありました。どうか無事でありますように。

離島医療人物図鑑のプロジェクトが発足されてから一年。

僕たちは離島医療の魅力を社会的にも、学術的にも発信していこうと活動を続けてきました。

離島は医療者にとって、自分が成長できる場所であり、やりがいを感じられる場所なんだということは何となく分かっていた。

でも、それはあくまでコトクの意見であって、みんながそう思うかはわからない。

だから、それを証明するために人物図鑑のメンバーで「質的研究」をはじめました。

質的研究はいわゆる臨床研究と言われるような沢山の症例を集めて、統計学的な有意差を出すような手法ではありません。一人一人の言葉を聞き、それを分析し、概念化し、そこから物語(ストーリーライン)を紡ぎ出すことで、ある事実を科学的に証明する手法です。

もともと、文化人類学などのフィールドワークで使われていましたが、医療界では看護師さんが「流産した妊婦さんの心情の変化」や「看護ケアにおける教育の受け入れ」など「質的」な分野を明らかにするために使われています。

今回、SCAT(steps for coding and theorization)という質的研究手法を用いて「離島医療の魅力、やりがい、課題は何か?」を明らかにしました!

ZOOMを使って離島で働く医師、看護師、薬剤師さんにインタビューをして、文字起こし、それをSCATを使って一度概念化させて、再度、それを物語にしていく。

とても時間のかかる大変な作業だけど、人物図鑑のメンバーと毎晩「あーだこーだ」言いながら作業して、物語が少しずつ紡がれていくと、その物語の続きにワクワクして疲れも吹っ飛んでいきました。

「これだ!これが言いたかったんだ!」

ずっと言葉に表したくても表せなかった言葉たちが、研究参加者のみなさんの口から出てくると、ZOOMで離れたその離島で働く人たちを僕は勝手に、長いことお世話になっている恩師のような、友達のような、大切な人に会った気持ちになってお話を聞いてました。

そして、先日ついに形になり、今度の5月22日、日本プライマリケア学会で発表します!

オンラインでのみ参加になります。

学生、研修医は無料ですので!是非お時間のある方は見に来てください!


第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(The 12th Annual Conference of Japan Primary Care Association) www.c-linkage.co.jp

医学部を目指す高校生の君へ。10年後の僕より。

「コトクは良い医者になるよ」

高校生の時に先生からもらったその言葉が今でも僕の宝物になっています。

その先生から直接僕は教えてもらったこともないし、担任だったこともないけど一個下の学年の先生で何となく知っていた。

高校3年生の受験前

親からは「そんなに遊んでて受験受からないわよ」と言われ

物理の先生からは「コトクには絶対無理だよ。もっと下の大学にしたら?」

と言われるくらい出来の悪い高校生でした。

高校3年生の春に部活を引退した僕は、引退試合の次の日から朝5時に起きて勉強をする生活に切り替えました。

毎朝学校に一番乗りで着くと誰もいない教室で勉強をはじめて、授業中も耳栓して自分の勉強をしていました。

みんなと同じペースで勉強していては絶対に間に合わないと思ったからです。

駅から学校までの通学路を歩いていると、いつも僕を追い越して「おはよー!コトク!今日もはやいな!」と声をかけてくれたのがコバヤシ先生だ。

コバヤシ先生はどんなに朝早くてもいつも爽やかに挨拶してくれるので好印象だった。

そして、いつのまにか冬がきた。

受験も目の前だったが、相変わらず模試の判定はE判定のままだった。

ある朝、通学路を歩いていると、コバヤシ先生はいつものようには僕を追い越さなかった。

「今日は寒いなー」

「受験勉強はどう?」

何て返事をしたのかは覚えてないけど、学校に着く直前でコバヤシ先生が

「コトクは良い医者になるよ」

そう言ってくれた瞬間、ゴチャゴチャしていた僕の頭が空っぽになり、替わりに心がジワーッと暖かく埋め尽くされていくのを感じました。

周りの大人たちの対応や、模試のE判定の文字は「お前に医者は向いてない」と言われ続けているようでした。

その言葉に耳栓をして、心を閉ざして勉強をしていた自分の心が溶けて暖かくなるのを感じました。

そして、コバヤシ先生がそう言ってくれたのだから「良い医者」になろう、そして僕も人にそんな言葉をかけられる大人になろうと思いました。

あれから10年経ち、僕はあの時のコバヤシ先生くらいの年になっていた。

僕は鹿児島のとある島で産婦人科医をしている。

そんな僕にコバヤシ先生から突然メールが届いた。

医学部を目指す高校生たちに話をしてくれないか?

卒業生で医者をしている人なんて沢山いるのに、コバヤシ先生が僕に声をかけてくれたのが嬉しかった。遠く離れた鹿児島の島で働く僕に。

神奈川から僕の島まで1500kmの距離をzoomが繋いでくれて、久しぶりに母校の雰囲気を味わうことが出来ました。

あの頃の僕に伝えるように、今の自分が医師として感じていることを。1人の人間として誰かのために働くことの大切さを。自分を信じる大切さを、自分なりの言葉で伝えました。

時代は変わっても、あの頃の僕たちと何も変わらない、可愛い後輩たちが沢山質問してくれました。

その中で1人、気になる子がいました。大人しそうな子で、手を挙げてくれたけど、あてられた後に「、、やっぱりいいです、、」と質問をやめてしまいました。

終わり頃になって、彼は再度手を挙げてくれて

「僕はお医者さんになりたいけど、お医者さんの仕事は喋ることが大事じゃないですか。僕は喋るのが苦手で、大丈夫なのだろうかと、、」

ああ、僕はこの子と喋るためにここに来たんだ。と思いました。

医者は喋ることが仕事じゃない、患者さんの思いを、病歴を「聞く」ことが大事なんだよ。と。

そのためには、適切な相槌やアイコンタクトなどの”非言語的な”コミュニケーションが大事だよ。と。

そして、

「大丈夫だよ。君は良い医者になるよ」 

と伝えました。